札幌ー青山ー浜益ー厚田ー札幌

| コメント(4)

<追記>書くの忘れました。つぶやき、ブログの更新ただいま自粛中です。
シカトしているわけではございませんのでご容赦ください。
お盆前位にはいつものまったりモードになりたいです。


忙しい忙しいといいながら、お盆も迫ってきてるのでなるべく乗るようにしてます。
札幌-青山-浜益-厚田-札幌のぐるっと180km位。






すすきのから275号で当別まで
寝起きでシャワー浴びてそのまま出発だったので途中真新しいローソンでおにぎり。
ビーフジャーキーが無性に食べたくなって一袋ポッケに忍ばす。
(※忍ばすっても買ったあとで。)(※つかビージャーって呑ん兵衛か?)

CA3H00502.jpg
快調だけれど高ケイデンスでお尻がポンポン跳ねる。低いの?





当別から青山ダムまで

CA3H00512.jpg


道道28に乗るのにちょっと迷う。
こっこやに寄ろうと思ってたのでおにぎり一つとチョコレートバーしか
食べてなかったのにこっこや終了という終了。お腹すいた。
3m位の向かい風。帰りは追い風じゃー。ウヒヒ。
なんて思いながら漕ぐ。





青山ダムから浜益まで
CA3H00532.jpg
これは当別ダム。
CA3H00542.jpg
CA3H00582.jpg
このあと水没予定地を走る。切ないなぁ。
451の突き当たりに向かってひた走る。
CA3H00652.jpg
リアのシフトレバーに違和感を感じたとたんスコンと。
CA3H00612.jpg
シフトワイヤーが切れた。
切れるとは聞いてたけど本当に切れた。気持ちも。
同じ長さにカットしてあった。
今付けているのに替えた際にまだ使えると思ってとっておいてたんだ。
イエース。
然程時間もかからず交換。とりあえず変速出来るレベルに。
ついでにフォークもカタついてたんでバラす。ここで何やってんのオレ。

にしても腹減った。ビージャー噛みながら進む。うまい。
しょっぱいしアミノ酸?タンパク質?豊富。
(※翌日のおしっこがビージャーのフレーヴァー。)

CA3H00627.jpg
451からはウェット。山道だからか無風。
霧雨というか雲の中なのでサングラスに水滴いっぱい。
そのうちビタビタに降ってきてみたり止んでみたり。エスカルゴ踏んだ。
浜益方面は明るくもう少しで日没。
予備の電池は5時間ほど。単3駆動だから切れればコンビニでエボルタ買おう。

CA3H00692.jpg
海でコンビニ飯。




浜益から厚田まで

磯のいい匂い。追い風来ない。風止んだ。
今思えば濃昼までの山道が辛かったなぁ。
風もなくスピードも15km/hとかだから汗がつゆだくだし陽が沈んだのに気温も下がらない。
青看板が札幌・花川とあって和む。

ナイトランって交通量も少なくって楽しいなぁ。
雲の隙間から半月、札幌夜景、小樽の夜景、漁火。

こんな海沿いなら鹿も出ないしね?。


油断してた。その時までは。






「・・・ンゲっコォッ!!!」





握拳程の大きな蛙がいた

通りすぎようとしたその瞬間彼は鳴いた

路肩の白線より車道側にいたのを見た

amigoは頭が真っ白になった

その瞬間、最高速度を記録した

(プロジェクトX風)




気をとりなおして
望来から札幌まで

見慣れた道だけどこの道を夜走るのはなんか新鮮。
右手の石窯パンがジブリに出てきそうで素敵。


231に入ったあたりで本日の平地最高速度。調子良い。
それにしても札幌は蒸してた。体感温度も4?5度は違うのでは。




CA3H00720.jpg


お盆に札幌?知床まで行こうと思ってて、今回で少しロングライドの自信を取り戻せた。
やっと某wiggleからパーツが届くので(Held by import Customsが長かった)
来週にはバージョンアップできるかなぁ。
あとはマシンの整備を完璧に。





それまでに函館もやるよ。

コメント(4)

ワイヤー持って無かったら…ってか私は普段持って無いので、
持つようにします。カットして。こわっ

そうですね、ワイヤーまでいらんだろと思いますが
あそこ(ぼんやりしてて場所把握してませんw)
で立ち往生(JRどころかバスもない)したら浜益か当別までヒッチハイクの刑でしたw
カットしなくても何とかなりそうだけどしてたほうが気持ち良いかもしれませんね。
丸めておけば案外小さくなりますし。サバイバビリティが向上しますし。
マルチツールも再考(今のは極力小さいもの)しなければと思いました。
プライヤー的なものがあれば楽でしたしチェーン切りも携帯しなければと。

「日頃のメンテちゃんとしてれば」って事すよね。

ワイヤー・・・、私も携帯しようかしら。
基本、ソロでは走らないので、何かあっても助けてもらえると
油断していると、やられるかもしれませんねぇ。

最後の「それまでに函館もやるよ」が気になります。
知床出発前に、函館往復?片道輪行?
いずれにせよ、「函館へ自転車」ということ自体が
もう、ちょっとおかしいですが(笑)、
先日300kmを走った私も同類なのかしらぁ??

シーズン毎に寿命の前に変えてしまうとかなら、持って行かなくても良いとは思うのですが、300km以上とか山奥を走るとかの場合予備があると何かと安心鴨しれませんね。(ワイヤーに限らず)
でもスペア持ち過ぎで武蔵坊弁慶状態になるのもどうかとw。5号線で函館往復とかなら輪行バッグで割り切っちゃうのもアリかもしれませんが、予備チューブと予備タイヤは必須ですねぇ。
函館は1泊2日とかでまったり行きたいですなぁ。OFFが無いから日帰りで。

コメントする