SANDMAN HOGGAR その4

スルーアクスルの交換

SANDMANのリアのアルミ製スルーアクスルが弱い。工具の精度もあれなんだけど、ナメかけてたので代品を探していました。あまりトルクを掛けられないし、おかげで剛性感もいまいち。メンテナンス性が悪くネガティブな部分でもあった。(現行のSANDMAN HOGGARはディテールはわからないがマイナーチェンジしてる模様)

片方スパナ、もう片方を6mmアーレンキーで固定するタイプだったんですが、177mmx12というレアな規格なため素人には入手困難な状況に。

かかりつけのショップさんに某ショップさんを紹介してもらい、無事入手。

ワッシャーを噛まして227mm(うろ覚え)の規格のものを使うという発想。そんなことは想像も付きませんでした。

ワッシャーは5mm程のスチールのものを3枚噛ましてもらいました。

ワッシャー

 

ワッシャー3枚ってのもシンプルではないので一つにしようかなぁ。と思いましたが、そもそも15mmのワッシャーなんて特注しなくちゃならなそうです。

フツーの黒もいいのですが、せっかくですので色気を出して削って地金を乱切りに研磨してみました。

いい感じになったので次は接着。

セメダインのメタルロックが良さそうです。チタンやカーボン用の接着剤。アロンアルファ系よりねじれの強度はあると思います。2液を同量混ぜるタイプでオイニーがキツイです。

ハブの方向にしか力が掛からないので3in1にするだけなら十分でしょう。

“Paul” SET N FORGET THRU-AXLE QR

SET N FORGET THRU-AXLE QRは満足度の高いパーツ。

スルーアクスルでありながらQR機構をもつ素晴らしいプロダクト。

エンド幅が違うので別途「THRU-AXLE END NUT」も取り寄せて頂いて。

これで工具なしでフロントもリアも脱着できます!便利!

USA!USA!USA!

早速走らせてみたけど剛性感もガッチリ出て良い感じ。じゃが多少出っ張った部分をコンクリの塊にヒットさせて盛大に削ってしもた・・。

おまけ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください