GARMIN EDGE 830J レビュー

海外版820から機種変更

起動やレスポンスが速いくなって、画面が高精細で、タッチパネルの感度も上がったなという印象です。ちょっとゴツくなりましたが2~3日で慣れてしまいました。

早速使ってみました。

サクサク。これは凄いです。ハード面がアップグレードした賜物ですが、とても使いやすくなりました。

ハードボタンは側面の電源ボタン、ラップボタン、スタート・ストップボタンとの間にmicroUSBの差込口があります。820では裏側にあったので「充電しながら」って使い方が便利になったかもしれません(一日で電池がなくなるほど走らない件)。
電源ボタンは少し凹んで押しにくさがありましたが、誤作動もしにくいと思います。スタート・ストップボタンは斜めに配置されこちらもご操作しにくそうです。

※19/09/28
830Jのbluetoothとスマホ(Xperia1)との相性が悪いのかどうかわかりませんが認識したりしなかったりします。

820の地図と比較してみて

英語版820からなので英語表示も慣れてしまっていて、結局英語表記モードで使っています。ナビは日本語対応なので国道や、道道の通り名は日本語が混ざるので煩わしいですが、日本語表示は便利です。

ただ、OSMに慣れてしまっているので少し違和感があります。

バッテリー

バッテリーもとても良くなりました。体感で2倍位、さらに充電スピードも早くなりました。UT800やバリアも使うともう少し減りが速いはずですが余裕があります。

(そこそこ使った820のバッテリーと比較してですが)

画面について

なんせ、とても見やすいです。
上部のスワイプすると出てくる画面が大きく変わりました。プロイフィール、セッティング、バッテリー残容量、GPS、画面の明るさ(0~Auto)センサー類、携帯電話の画面。さらに左右にスワイプすると、ページがあってCMSなどのメッセージの画面、コントロール(バッテリーセーフモード、バイクアラーム、コースを見つける、ワークアウトを見つける)、天気、セグメント、ライトモードの5画面があります。
820だと深い階層にあった設定項目が上からスワイプで表示されたり。これは便利な アップグレード ですね。

GPSとナビ

GPS、GLONASS(ロシア)、GALILEO(EU)。こちらも電波のキャッチが早くなった印象です。選べるものは「GPS」「GPS+GLONASS」「GPS+GALILEO」「off」です。

防水性能

防水は変わらないとおもいますが、microUSBのフタがシリコン製ではなくなったのが心配です。浸水しにくいのかな?

液晶保護シートを貼りました

Garmin Edge 530 830 ガラスフィルム 強化ガラス スクリーン保護フィルム Dotuo 日本旭硝子素材 

ガラス系の保護フィルムで気泡も入りにくく、とても滑らかな感触です。太陽光の反射や、操作しにくいと言った不具合はありません。タッチパネル対応のグローブでも操作に支障がありません。

そういえば530Jと画面サイズが同じなのですね。確かにぱっと見、違いがわからないですよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください