【ビアンキ】安全に関する重要なお知らせ【BIANCHI】

2010年10月7日
サイクルヨーロッパジャパン株式会社

弊社が2010年6月以降に販売いたしました2010年型Bianchi(ビアンキ)ROMAにおきまして、
フロントフォークの熱処理不足が原因と思われる脆弱性がみられるトラブルが発生しており、
同様のトラブルが発生する可能性のある該当生産ロットを対象に、代替部品が入荷し次第、
フロントフォークの無償交換をさせていただきます。
ご使用中のユーザーの皆様には、大変ご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。
弊社で把握しています当該車の詳細は、以下のとおりでございますので、ご確認をお願い申し上げます。
なお、弊社が卸売りした販売店様には既に詳細を連絡いたしました。
ご不明の点については、ご購入販売店にご相談をお願いいたします。


トラブルの内容:
フロントフォークの熱処理不足により十分な強度が確保されず、
強い衝撃や強いフロントブレーキングにより、フォークが変形する恐れがあります。
合計対象台数は90台でございます。
該当モデル:
2010年型ROMA(ローマ)

http://www.cycleurope.co.jp/bianchi/bikes/sport/roma.html
確認方法:
当該車を確認するためには2つのプロセスが必要です。
1.
まずフレーム番号をご確認ください。保証書または現車でご確認をお願いします。
(番号は車体の裏側のボトムブラケット(BB)の下に打刻されています。
確認方法がご不明の場合はお問い合わせいただきますようお願いします。)
該当フレームナンバー (対象台数計:360台):
フレームナンバー F100123195 ? F100123464 
フレームナンバー F100411128 ? F100411217
もし、上記の番号に該当していた場合は、
2.
販売店にお持ち込みの上、フォークを分解しての確認となります。
(この作業はお客様にはできませんので、恐れ入りますが、お買い上げ販売店にご依頼ください)
該当フォークナンバー (対象数計:90本):
フォークナンバー G29C11510001 ?G29C11510090 
該当商品をお持ちのユーザー様は、直ちに使用を中止し、
お買上げの販売店にてフォークの無償交換の申し込みをしていただけますようお願いいたします。
なお、大変恐れ入りますが、現在、代替フォークの生産を急いでおりますが、
入荷日はおおよそ、11月初頭の予定でございます。
入荷次第、各販売店への連絡・配送及び弊社ホームページで
再度ご案内させていただきますので、何卒ご理解の上、ご了承をお願い申し上げます。
皆様にご不便・ご心配をおかけしておりますことを、深くお詫びいたします。







ですと。またRTSの?フォークの強度不足。
フロントブレーキングで変形するなら段差の衝撃なら折れるんじゃないの?
このへんの国内企画物はルック車なんですな。
ダウンチューブにBIANCHIと書いてない自転車も然り。
そのうち
これはジョークグッズです。それ以外の目的で使用した場合は一切の責任を負いま(ry
とかなるよw
公式情報はこちら
http://www.cycleurope.co.jp/

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントを残す