もやもや!!トラベラー2

『夏といえば海!』

やっと北海道もカラリと晴れ気温もぐんぐん上昇、
支笏湖や夕張方面も良いですが、やっぱ海ですよね?。
唐突にほっけ定食を食べたくなり、貧脚どうしましょうさんを誘い
札幌発銭函駅経由祝津行きの発 車です。


まずは新琴似近辺で11:00に待ち合わせ。
誘っといて遅刻しそうです。
ローディーが少なかったのはモエレのママチャリだからすね。
すんごい速いママチャリのおじさんに煽られてみたり。

CA3H00042.jpg
合流後いつものペースで銭函へ。
5号線は荒れていていやらしい上り坂が続くので
小樽方面へはいつも銭函駅経由で。
ここを過ぎるとちょっとしたなかなかの激坂がありますが、快調にクリア。
去年よりは坂の乗り方が自分なりにうまくなっているような気がします。錯覚。

すったもんだで小樽。手宮とか通って祝津へ。
数軒ある食堂から空いている食堂をチョイス。(名前失念。左側2件目。)
少し残念な感想。
夏場は最高なロケーション。向かいには海。潮騒。磯野香織磯の香り。
パソコン上書きインストールしてから変換が変。
ローカルな雰囲気はたまんないっすね。

─祝津
明治よりもっと前、シクヅシ(アイヌ語で大きな崖のふもとという意味)という地名だったそうな。
今でいう高島?祝津あたり。小樽市内よりも古くから栄えていて、祝津から高額納税者が数名出るほどのニシン漁の儲けが。死んだじっさんがよく言ってたが、海の上でニシンの上を歩ける位大量だったらしい。その頃の小樽の金融市場はロンドンに影響が出るほど。凄い。

一服後、
CA3H0007.jpg
ノイシュロス小樽のところの展望台までの激坂登る。
少しどんより。ここに来るのは4回目(?)かな。一眼持ってきた時もありました
ぐるーっと遠回りして来た道をなぞり。追い風2mに助けられ。
いつものセブンイレブンでローカル番組(タカトシとホトちゃんのあれ)
のロケなんかに遭遇したり。
2人とも大人の対応で「フーン・・・」ですよ。

100km走った割には体重が思ったより減ってなく。

コメントを残す