カーボンバイクのカスタムペイント3

カーボンバイクのカスタムペイント目次

  1. カーボンバイクのカスタムペイント1~旧塗装をヤスリがけ
  2. カーボンバイクのカスタムペイント2~ヤスリについて
  3. カーボンバイクのカスタムペイント3~いよいよ塗装作業~カッティングシートのデータ制作
  4. カーボンバイクのカスタムペイント4~ベース塗装作業へ~塗料について
  5. カーボンバイクのカスタムペイント5~スプレーガンについて~仕上げ~FINISH!!

やっとの思いでヤスリがけ作業が終わりました。
#180で荒削りして#280で整える感じ。本当は倍数(#180→#360→#720)で番手を変えるのがセオリーのようですが、すでに在庫があったので変則です。
塗装してから気がついたのですが、この作業は仕上がりに影響します。
ちょっと荒くてもサーフェイサーを吹いて表面を整えればある程度綺麗に見えますが、今回はサーフェイサーを吹かないので#280で留めておきます。
ネットで調べてみるともう少し細かい番手(#800~#1000)でヤスるのが良いみたいですが、足つき(塗料の密着度みたいな)を稼ぐために粗めに処理してみました。
職人さんではないのでこの先は「間違いだらけの全塗装」になります。 

いよいよ塗装作業


カーボン ロードバイク 塗装

-ちょっと時間がなくて放置気味でしたがフレーム本体の鑢がけは終わっていてマスキング作業へ。

きっとこの部分はどぶ漬けで塗膜も厚め。これ自体ちょっと重いのでそのうちSB0の中軽量なものに替えたいなぁ。

餌食になるシートポストはCINELLI ram。途中、二股になってシート下で合体する形状で、

中はヤスれないのでザッとヤスって黒を上書き。カーボンの素材は結構雑でかなりサーフェイサーで表面を整形していました。画像なし汗)

 

 

濃い半透明の黒に近いカーボン模様で塗装して誤魔化すことに。

黒色とカーボンの境い目はぼかして綺麗に見せようという魂胆。そもそもここは失敗してもそこまで目立ちません。

塗る場所に応じてマスキングを施していきます。

ロードバイク カスタム 塗装

 

マスキングした部分にブラックを下塗り。

コンプレッサが非力なので塗料の濃度は薄め(塗料:硬化剤:うすめ液/10:1:30)で様子を見てみる。ちょっと薄かったみたい。

この部分はホイールの脱着などで塗装が傷みがちですぐにパリパリと割れやすいので厚めに。でもディレイラーハンガーの部分はさらっと。

全体的にぱっと見カーボンですが黒色の所もあります。

ハンガー、アウター受け、アウターの出入口とボトルケージ台座。画像では艶やかに見えますが、(塗装面が耐候性がないので)この層の上につや消しクリアーを吹いて乾燥すさせるとつや消しブラックになります。

bokashi.png
マスキングした塗装面との境い目はすべてぼかして馴染ませています。うまくやれば缶スプレーでもイケると思います。

アウター受けなどの曲面も雑にマスキングテープを貼ってもアラがわかりません。

カッティングシートのデータ制作


ちょっと順序があれですが、ここでデータの作り方をば。

ロードバイク 塗装
-マスキングシート用とホイールのカッティングシートのデータ。

ダウンチューブとホイールのロゴは現物からトレース。

どこまで細部を再現できるかは廉価なプロッタの能力次第。デザインナイフで切り出しは面倒ですし…。

ホイールのデータもダウンチューブと同じ要領で。

プロッタのカットできる大きさが160mm×1000mmとなるので、そのアートボードで。

線の細さがおよそ1mm以下は大変だったけれど、このマシンは1mm位までの線まで塗装でもうまく塗れました。

手作業でカッティングシートを切る作業は面倒臭いのでカッティングプロッタを購入。何年も前から欲しかったしね。

どんなものかと一番廉価なもの(家庭用)にしましたが切れる幅が狭く、高いモデルは幅が広く高精細。

カッティングシートもいろんな種類があって、メーカーの違いや耐候性の違いなど。

自転車の場合は耐候が長いものが良いのではないでしょうか。レースピがXLRにw

 

カーボンバイクのカスタムペイント目次

  1. カーボンバイクのカスタムペイント1~旧塗装をヤスリがけ
  2. カーボンバイクのカスタムペイント2~ヤスリについて
  3. カーボンバイクのカスタムペイント3~いよいよ塗装作業~カッティングシートのデータ制作
  4. カーボンバイクのカスタムペイント4~ベース塗装作業へ~塗料について
  5. カーボンバイクのカスタムペイント5~スプレーガンについて~仕上げ~FINISH!!

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

4 Replies to “カーボンバイクのカスタムペイント3”

  1. 初めまして。
    9ちゃんと申します。
    私の拙いブログに訪問頂き有り難うございます。
    訪問履歴を辿ってみると、本店に!
    同じバイクでも、愛着が深いことが分かりました。
    塗装なんか、ほんと本格的ですね。
    また、楽しみに寄らせて貰います。

  2. >9ちゃんさん、初コメありがとうございました。
    実は2008年暮れ頃にモデル名で検索して指をくわえてながらブログを拝見したしたのが最初でしたw(発表日に予約したのに北海道の納期は意図的に翌年の5月でした)
    これからもよろしくお願いします!

  3. はじめまして。CTグラフティMの検索結果からお邪魔しております。ご連絡用のメールアドレスが不明のため、コメント欄から失礼します。
    実は当方、この度RACINGSPEEDを購入しまして…
    記事中のカッティングシートのデータの件ですが作り方について少しご教示頂けませんでしょうか。
    突然で不躾なお願いではありますが、お願いできます様でしたら、記載したメールアドレスまで御連絡頂きます様、宜しくお願い致します。

  4. メール差し上げました!
    よろしくお願いします~

コメントを残す