オロロンライン往復サイクリング!?企画編

この夏の俺のチャレンジ<<俺チャレ>>です。
日本海オロロンラインを、札幌から最北端宗谷岬まで行って帰って来れるか!?来れないのか!?バカじゃないの!?という企画です。
いつやろう?
やっぱり夏じゃないとダメでしょうね。
日が沈んで最低気温が10℃近くになるとウェアなどの装備が増えるので、夜でも半袖で走れる気温=7~8月に。
ロードバイクはなるべく軽装備で走りたいのです。なので雨の予報や風が強い予報だと順延します。
疲れたらバスやJRで輪行するかもしれません。

企画編

■往路

スタート時刻は0:00~3:00。いきなりナイトランなのですが、
オロロンラインは24h営業のコンビニが皆無なので、逆算して日中に稚内入りしたい為スタートはこの時間帯になると思います。
3:00頃から空が明るくなってくるのでナイトランってわけでもないですか。
■宿泊
ノンストップ企画ではないので1泊しようかと思います。
といっても日中到着であれば温泉施設で数時間でも仮眠を取れたらなー。
安いビジネスホテルだと素泊まりで3,000円位7,500円位
チェックインの時間は大抵夕方からなので長めの睡眠なら選択肢になりますね。
函館往復の時には仮眠に失敗して往路がグダグダだったのでしっかり仮眠を取りたいと思います。
■復路
同じ道の折り返しはどうしようかと思ったのですが、”往復”って言った方がなんだか潔い。
40号と通ると少しアップダウンもありますし。
往路と同じペースでは走れないと思うので、明け方に出発して休憩を多めに取りながら夜に到着。したいです。
■目標時間
っていうのも変ですが、3~4日かけて走る道でもなし。野宿用の装備も持っていないので~。
ほとんど平坦なルートなので、1泊2日、ざっくり40時間で帰ってこれれば御の字かと思います。
■ルート
ざっと線を引いてみたのですが、だいたい700kmちょっとですね。自転車で走った距離が最長で530kmなので、その差170km。
今となれば「ふーん」な距離なのだが500kmも700kmも大して変わらないと思う。ただ遠いだけ。絶対おかしいけれど。
■輪行(非常時)
自転車が壊れたり、膝やおケツを痛めたりと自走不可の場合は、バスかJRを利用して帰って来なければなりません。
オロロンライン上の町の交通機関はバスのみで、豊富から高速バスが出ています。
本数が少ないのと、予約制なので要電話確認です。
豊富から札幌まで5,900円
JR
JRは稚内から内陸の国道40号に沿うような形で走ってるので、当日JR輪行を想定するのであれば、40号を走っていつでもJRに乗れるように。
稚内から札幌まで10,170円(特急)

どちらの場合も1日に数本しかないので夜中にトラブルがあればピンチですね(笑ってられない


今年の夏は少し自分を見つめなおす時間(暇)があるので、去年豪雨で断念した「知床リベンジ」も合わせて走りたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

8 Replies to “オロロンライン往復サイクリング!?企画編”

  1. 出ましたね!
    今年の夏の特大企画。
    どんな事になるのか楽しみです。
    とてもじゃありませんが、自分には出来ません(尊敬)

  2. ケイオス父 より: 返信

    僕も行こうかな?
    サポートカー付きで ….. 700km は無理でも、半分ぐらいなら。

  3. ほぼ平坦だね。日にちによっては、お伴しますよ。
    帰ってきても、しばらくは使い物にならないね。

  4. >>touchくんさん、
    どうなんでしょう、700kmも走ったことないので完走できるかわかりませんw
    >>ケイオス父さん、
    それは心強いですね。また北見の時のように写真お願いします!
    >>KENさん、
    そうですね、浜益まで若干坂がある程度でしょうか。
    帰ってきたら1日~2日は寝たきりになりそうですw

  5.  Twitterフォローありがとうございます!私もできました。
     稚内って、留萌より相当遠いデスネ・・・
    ぽちっとな。

  6. いえいえこちらこそよろしくお願いします。
    往復できるのでしょうかねぇ心配です(ヒドゴト…
    疲れ具合によっては輪行も楽しそうですねぇ。

  7. 稚内ですか~(´∀`)
    楽しそうですねー♪
    何だかはやり端っこまで行ってみたいのが自転車乗りのサガでしょうか。

  8. たぶん楽しいと思うのですが、大半は辛いと思いますよ。辛楽しいっていうの?w
    函館は制覇してるので、宗谷岬、知床と制覇してみたいです。せっかく北海道にいますからね( ・`ω・´)

コメントを残す