TIME RXRS ULTEAM

なんと

まさかのフレームを譲って頂くことにあいなりました。
TIME RXRS ULTEAM Tour de France 2011 Limited edition。
一日乗せてもらった時はグングン踏むとグングン進むイメージでした。
同時にやっとC2C928の乗り方がやっとわかったような気もした一日。
その時手元にくるとは全く想像していなく。

Tour de France Limited edition。世界に175本しかないおフランス産。
カスタムペイントの時は「このようなマットなカーボン」を目指したカラー。
まさかTIME乗りになるとは思わなかった。

自分で移植しても良かったのだけど、

規格がちょこちょこ違うのでBianchiさんを入院、アルテグラをTIMEさんに載せ替えてもらおうと思ったら、

急遽CAMPAGNOLOのGropsetも。譲って頂くことに。
「とりあえずアルテでいいか。来年紐ヅラかDi2に・・・」となんて思っていたけど
TIMEにはCAMPAGNOLOが似合うというかCAMPAGNOLOしかない。くらいに思ったり。
まさかカンパ遣いになるとも思っていなかった。
感謝です。
Fulcrum RacingSpeedはとりあえずカンパ用のフリーボディを用意して。
SuperRecord 11Sのスプロケットの値段を調べて目玉が飛び出たり。
ロー側6枚がチタンで出来てるのねー。コーラスで良いか。(←それでもアルテグラのスプロケ2つ買えるマヒ)
なんて夜な夜な検索しています。
検索キーワードがTIMEだったりCAMPAGNOLOだったりで初めて見るようなステキブログがたくさん。
そのうちメンテナンス工具も揃えていかねばね。

シェイクダウンは寒空の中

洞爺湖一周サイクリング
某店のイベントで洞爺湖を一周60km位。
初乗りはなんだかこっ恥ずかしいような気分の中、慣れないノーマルクランクにやられる。
でもクンッと踏めばクンッと進む。よく進む。
C2C928と乗り方がだいぶ違うようです。
短足な自分にはサイズSがぴったり。
ジオメトリを見比べると、換算トップチューブ長は5mm伸び、
ハンドル高が10mmほど下がってやたら遠くなったような気もしますが、
サドルを前側に移動したら、たぶんちょうど良い感じ。
見た目はこじんまりとしましたが。
C2C928から移植したneo morpheのおかげか違和感は少なくて。
ヘッドチューブはロングライド向けのC2C928のもの(10mm程スペーサーを咬ましてましたが)より5mm長い。
硬くは感じるがゴッツゴツに硬いわけではなく、しなやかさがあって。
フロントセンター、リアセンターが13mmづつも短いのに、
下り坂やコーナーでの安定感は比べられないほど良かった。
フォークやステムも良いものなのでしょうねぇ。
C2C928は下半分からたわむ感じがあったけれどそれがないので、
巡航から少ないパワーでもさらにスルッと楽に加速できる感じ。バネ感パネェというか。
こやつはものすごく快適かもしれない。不思議。
2013のZXRSやNXの乗り味の違いに興味が沸いた。

それから

2~3度100km位走ってみて
重量がめちゃくちゃ軽くなったので坂道は楽なはず。
慣れればこの軽さはロングで疲れの度合いが違うと思う。
やっぱり振動吸収性能は高いですね。
継ぎ接ぎだらけの荒れた路面を走ってよくわかった。
C2C928はフレームがビリビリと共振するのに対して、
フレームが振動しない。往なす。すごい。
慣性を利かせるように走っていたのと違い、いつでも加速できる感もすごく楽。
DSC_24452.jpg
(カーボンな見た目がナイス。)
コンポはさすがRECORD。
エルゴレバーの操作に慣れていないのと、セッティングが100%でないものの、
「パチッパチッ」と決まるシマノと違って、
「クニックニッ」というアナログ感は少しある(と思う)。
でもブレーキレバーごとシフトダウンしようとしてみたり、
シフトアップしようとしてシフトダウンしてみたりと意図とは逆の操作が度々。
1段シフトアップしたいところを「ダララン!」と3段シフトアップしてしまったりが多々。
慣れたら多段変速は色々便利かも。
フロントの変速は言われてるほどの不満はなかった(感じなかった)。
ブラケットが小さくて持ちやすいとか聞くけど、
手の大きさが標準以上の私は小さくて持ちにくい
というか親指シフトが少し邪魔な気がした。
でも親指シフトがこの場所にないと操作しにくくなるだろうし。
親指シフトが50回に1回位の結構な割合で動かなくなってしまい、
一度シフトダウンしないとシフトアップできないのはなぜだろう。
エルゴレバーに早く慣れるしかないですね。
クランクは漢のノーマルクランクに。
スプロケが25Tまでだと早々に死んじゃいます。
でも支笏湖行けたから大丈夫っちゃ大丈夫。早々に死んだけれど。
スプロケを27Tにしておけばとりあえず大丈夫だろう。
ペダルはそのままLookなのでそのうちexpressoにしたいと思う。
カラーバリエーションはないのだろうか。
─以上、貧脚なりの感想でした。
ホイールはRacingSpeedもちょっと見た目的にアレなので、いつかはCORIMAか・・・ENVEか・・・。
183769.jpg
(画像はcyclingnewsより)
どうせ妄想ならCORIMA Aero+MMCが欲しいですな。
間もなく雪が降りだすので、部屋の中で眺めながらニヤニヤしようと思います(・∀・)
ブログタイトルはどうするんだ?と思ったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

6件のコメント

  1. Linea oro より: 返信

    おめでとうございます!
    これで、お互いホイールを試乗できますねw

  2. 恐縮です!!
    春になったらレイノルズさん貸してください~!

  3. ヤバイ世界に突入おめでとうございます!
    工具のこともあり、カネはかかりそうだけど
    楽しそうですね~。 いきつけのONOで聞きましたが
    カンパはシマノと違って慣らし期間が長いらしいですね?!そのうちニョロニョロと変速がスムーズになるのかしらw 私も5年くらいしたら欲しい・・・TIMEとカンパニョーロ 観賞にもイイ感じですもんね~^^

  4. New マッシーン、おめでとうございます!
    ブログタイトルは「まさかのTIME」でよろしいかと(^^;)。

  5. ありがとうございます!
    その後、某店で見てもらいましたが「こんなもん」らしいのです。こ慣れたら問題ないレベルだと教えてもらいました。シフトダウンのレバー操作も緩いのかもしれないとのことでした。
    ちょっとシマノのデジタル感とは違うようですね。

  6. ありがとうございます!
    当面ブログタイトルは変えない方向で決めましたw

コメントを残す