札幌金8倶楽部 苫小牧RIDE

札幌金8倶楽部の面々で苫小牧まで行くことに。

コースは千歳のサーモンパーク~苫小牧往復。
自分はちょいと走り足りないのと、体重増加の危機感から往復自走で走ることに。


天気は曇天。

いきなりボトルとツール缶を忘れて、1km程進んで引き返した罠。

なーんか自転車が「軽い」と思ったんだよなぁ。
速くなったと不覚にも錯覚。
DSCN0623.jpg
(@福住あたり)
36号線をひたすら南下します。
市内は冬期間撒かれた砂利が残っていて路肩はほぼ全滅。
軽い向かい風とアップダウンで無い足がさらに削られる~。
心拍高め。
そんなこんなで程なく集合場所へ。遅刻してもうた。
DSCN0629.jpg
目指すは苫小牧の羅魅陀。
22km位で疾走します。
DSCN0634.jpg
向かい風でちょっと体感温度が低かったですねぇ。
DSCN0638.jpg
ウトナイ湖の道の駅で休憩。
DSCN0641.jpg
ちょっとしたハプニングもあり、無事到着。
こってりカレーみそラーメンをすすり、
DSCN0645.jpg
対面のMcCafeで温まりました。
復路は追い風~。
5~10km位のペースアップであっという間にサーモンパーク。
みなさまとお別れして、
脂肪を燃焼させるが如く、一生懸命走りました。
一瞬支笏湖経由で。。とも思ったのですがやめておいた。
追い風でしたけどロードバイクの疾走感を存分に味わう。
DSCN0649.jpg
1週間前と比べて随分溶けましたねぇ。
DSCN0664.jpg
北広島からエルフィンロードに入ると
両脇には雪があるので冷気でぐっと寒く感じます。
白石サイクリングロードに入ると路面はウェット。
それまでドライな路面だったので辛うじてドロヨケは活躍できたけれど、
しつけの悪い犬を散歩してる方や、フラフラでジョギングしてる方、急に方向転換する散歩してる方、
並走するママチャリなんかで相変わらず難易度高し。
DSCN0679.jpg
合計124.5km。
プラス小樽まで往復すれば200kmだったけど時間的に今日のライドはおしまい。
みなさまお疲れ様でした~。
今シーズンのNEWアイテム
①自作ドロヨケ。
これは問題ナッシング。構造も単純なので壊れようもなさそう。
でもフォークにTIME!ダウンチューブにTIME!シートチューブにTIME!ドヨよけにTIME!
TIMEの文字が多すぎてちょっと痛いなー。
RTMに変えよう。
②SIDI WIRE
 
靴。初めて買ったカーボンソール。カブトムシ色。
路面の振動で只今絶賛足裏筋肉痛。
WIRE機構のフィット感は自分の足的にかなり心地良い。
調整も脱着も慣れたら簡単そう。
ソールにある通風口はかなり効果あり。
休憩時にあわてて閉めた位、開けっ放しだと”なまらつめたい”。(北海道弁/超COOLという意味)
夏場のムレムレを防げるかなと期待大。
③TIME I-CLIC Titan Carbon
軽すぎ。貧脚の身分としてはもったいない代物だけど、貧脚にこそ恩恵がある(と思ってる)。
LOOK KEOとくらべて重心が中心付近にあるのでペダルが上を向いてくれない。
裏か表か直視しないとわからなかったけれど、
KEOの「引っ掛けてからのパチン」から、I-CLICの「いきなり上からパチン」と
コツというか、慣れたらやっとノールックでキャッチできるようになった。
クリートのでかさには歩いていてまだ違和感。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントを残す