2013 センチュリーランsapporo

天気は快晴。

珍しくこっ早く目覚めてしまい朝食もゆっくりととれた。
ピックアップしてもらい会場の江別のセラミックアートセンターへ。

しょっぱなからエアを入れ忘れるポカをやってしまった。

ブリーフィング。

ラジオ体操なんて久しぶり。
腰が痛たたたた。
からだを曲げる運動やねじる運動が堪えた(ヨボヨボ

ラジオ体操(PDF)
http://pid.nhk.or.jp/event/taisou/img/radiotaisou1_2.pdf

いろいろと説明を聞いて
「工事箇所はない」「誘導員がいないところや看板が無い所は直進」
落ち着きがないとか人の話をよく聞きましょうと通信簿に書かれ続けた自分にも確かにそう聞こえた。

SNSを通した方に思いがけず声をかけられて嬉しい出会い。

1分毎に10人ずつスタート。

試走もしていてルートラボでコース図を入れていた過信。
左折すべき交差点を直進してしまい8km程ミスコースしてしまった。
(誘導員がいなかったので多くの人は直進したのではないか)

ある程度の集団になっていたが気を取り直して元のコースへ。
「こりゃ信用ならん」と改めてGARMINの地図を確認。

試走の時にあった橋の工事はまだ絶賛やっていた。

DSCN1097.jpg

月形までは若干の風。
ぽつんぽつんと集団がバラけ始めた。

懸念だった左膝が痛み出す。
(腰はスタート前からダメである)

月形のセブンイレブンで補給し最大の関門だと思っていた道道11号の登り。

クランクはコンパクトに換装済み。

やっぱり良いなぁ。ちょっと腰にくるけど80bpm前後でクルクル回してクリア。
取り付けが悪かったのかキチキチと異音が。

やっぱり脇が甘いのは生まれつきのようです。

DSCN1101.jpg

チェックポイント。

自販機のコーラはやっぱり売れ切れ。ZEROしかなかったのでファンタグレープをgkgk。

この辺りですでに休み休みだったので15:30ゴールを目指します(貧
吹き下ろしの風でこの辺から当別あたりまでは向かい風。
しかも風が強くなってきた。

ほんとに天気が良くって新緑も綺麗で撮りたいのも山々だったけれど
向かい風に立ち向かうのが精一杯。

新篠津までの10km以上の直線は超~追い風で超~楽しかった。
今大会でラクチンだったのはここだけではなかろうか。

DSCN1098.jpg

きれいなたっぷ大橋をこえると散り散りになり。

かろうじて遠くに見える走者をモチベーションに漕ぐ。
追いついてまた遠くに見える走者を目指す。

憎っくき信号のない交差点。
今度は誘導員さんがちゃんといてくれた。

西よりの風に変わって凶悪になってきた。
試走の時より辛いじゃん。

ずーっと脳内でこれがリピートしてたった。
思えば小室氏の絶頂期。もう15年以上経つのか。。。

それはさておき、最後の余力を出そうにも膝がそろそろ限界。

手元の時計で4時間台には届かなかったようです。

ミスコースがなければばばば。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2 Replies to “2013 センチュリーランsapporo”

  1. お疲れさまでした〜!
    4時間台、無念ですね(^^;)
    ミスコース部分のガーミンの記録が泣かせます。
    橋の写真、綺麗だなー。

  2. touchくんさんもお疲れ様でした~。今300km走れと言われたらたぶん無理ですわぁすごいですよね。

コメントを残す