腰痛でポジション変更

今シーズンは腰の調子がおかしくて、何年かぶりに整形外科や鍼灸院に通っています。

20代の頃からギックリ腰やらヘルニアやらでもともと腰が弱っていました。

100km乗ったら動けないほど痛くはないのですが、くしゃみをするとズキン。小走りするとズキンズキン。1週間程痛みます。

あわせて股関節の可動域が狭く(筋肉が突っ張る感じ、柔軟性がない感じ)なっています。

「ロードバイクに乗っているのですが腰が痛くてウンヌンカンヌン」と先生に伝えたところ、

第5腰椎と仙骨の間の椎間板が潰れて通常の1/3ほどになっていてこれが痛みの原因だろうと。

さらに、

  • ポジションが悪いのかもしれない
  • サドル高は若干下げろ
  • 落差がありすぎると腰椎に負担がかかる
  • 骨盤を立てて後傾で乗るために筋力つけろ

と具体的に指摘して頂いて驚きました。

そして、

  • ロードバイクには乗らないほうが良い

と驚愕の。これは無視する。

自分はもともとサドル高は低めで、筋力もないので骨盤を寝かせて乗るタイプ。

思い当たるフシもあるのでハンドル高を上げることにしました。

TIME MONOLINK HM ULTEAMを替える

しかし、

TIME MONOLINK HM ULTEAM

スペーサーが入る余地はない。

ステムを逆付けにすると見た目が。。ワイヤーも張り直さなければならない。

他の物に交換するか。

TIME MONOLINK HM ULTEAMとFSA OS190 Carbon Pro

Bianchに使っていたFSA OS-190 カーボンプロが余っていたのでこれを使うことに。双方100mm。

見た目とは裏腹に130gから170gの重量増は気付けないだろう。

ちょうどクランプハイトが5mm程低くなるので、そのままインストールしてスペーサーを入れると5mm上がる。

ついでにエルゴレバーも5mmほどシャクれば合計1cmアップしますよね。

ステムを塗装

そのままでは芸がない(?)のでマットであえてのノーメイクな装いを纏う。

ちょっと塗膜が日に焼けて黄ばんだような感じになってますがまぁまぁといったところでしょうか。

ステムボルトの塗装

左:何度かアーレンキーで締めたり外したりを繰り返すとこうなりました。以前の書いた記事の(塗ってみた) のその後の有様です。

右:パーツクリーナーで脱脂後、再度塗装しなおしました☓6本。

特に下地処理はしていなく、そのまま上塗りでもそこそこのクオリティだと思います。

ステムボルトぐらい買ってこいって話ですが。。

TIME RXRS ULTEAM Tour de France Edition

すっかり日が昇ってきました。

角ばったデザインからの丸いステムはちょっとつながりませんが、ハンドルもNEO MORPHEなのでアリかな。

ハンドルやエルゴレバーが近くなったので少ーし楽になりました。

剛性感がどうなるか心配だったのですが、ハンドルがクイックで曲がりやすいというか、

グイングインとバネ感があるというか。路面の突き上げもマイルドになった。

フレームに付属するステム。TIMEの意図した剛性のバランスではないと思いますが。

テストで300mも走っていませんが乗り心地がこうも変わるとは思いませんでした。

週末にでも100km程度走ってポジションと体調の様子見をします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2 Replies to “腰痛でポジション変更”

  1. しかしいつも拝見していて思いますが、とんでもなく器用ですね。頭と手の神経が繋がっていないワタシにはうらやましい限りです。
    ワタシも第一腰椎が滑っちゃって、歩けなくなったことがありまして、その病院のリハビリで実業団ロードレースチームのマッサーをしていた事があるという方に施術していただいた事があります。
    アレって腰をグンって押されると思わずオナラが出そうになるのでお尻をガッチリ締めるんですけど、それがあまりに疲れちゃうのでリハビリ辞めちゃいましたww

  2. おならはしょうがないと思うの・・w
    でも、グンッとかボキッ系は変に力が入ってしまってちょっと苦手だなぁ。力の抜きどころがわかりませんwとりあえず週明けに鍼灸を敢行してまいります。
    今までの経験から治るはず。治るはず。

コメントを残す