パーツのことの最近のブログ記事

自転車用冬用手袋。
 
私、寒がりな北海道民なので、春・秋・冬と大活躍しています。
これをショップにて定価(7,875円)で買ってもう2年目になります。
天候にもよるけれど、大体マイナス8℃~10℃の気温下で使っています。
 
冷える指先は二重構造。中綿入りで暖かく、操作性にも優れたモデル。らしい。


対応気温 0℃
運動量にもよると思うのですが街乗り・少々のマイナス気温であれば、
「指先が悴んでレバーすら引けない」ということはないように思う。温かい。
寒空の中を1時間も談笑してるとかなら別。 

TriD System
立体構造。手の力を抜くとグーとパーの中間になる。
ハンドルを握ると甲が突っ張る感じは皆無。

WIND BREAK
防風素材。全体的ではなく手の甲から指先にかけて。
一応防雨効果もあるようなので少々の雨やみぞれにも対応。
これは長時間走ったことが無いので濡れ具合はわかりません。



指先は言うほどゴワゴワしていなく、レバー操作やライトの点灯、サイコンの操作は全く問題ありません。
ファスナー付きのポケットから小銭入れを取り出して、その中から小銭を選んで取り出せるレベル。

手のひら側は、羊のバックスキン風の素材で、パッドもしっかり。
裁断が工夫されていてハンドルもゴワつかず、しっかり握れる。
指の腹の▲は肉球をオマージュ。ではなくゴムっぽい滑り止め素材。2年目にして一部剥がれ始めてら。

親指の第一関節部分にはやわらか綿素材が。少々の垂れた鼻水は拭(ry

Contact

| コメント(18) | トラックバック(0)

 物欲沸々。

 

自転車用に使っているサングラス。

レンズに細かい傷が付いたり、全体的に曇ってるような気がして、そろそろみすぼらしくなってきた。

 

 

しかも度入り。

 

 

裸眼の視力が0.06の近眼なので矯正は必須。裸眼だと交差点の住所などを示す標識が読めません。

自転車に乗りはじめて割と早い時期に買ったoakleyのHalf Jacket。

+度入りレンズで北24条にある藤田眼鏡店で4万数千円は出したと思う。

 

 

 

んがーしかし。

 

 

眼鏡にしては高価すぎる。残念ながらホイホイ買えません。

これは十分元は取ったと考えて、コンタクト+サングラスの選択肢も考え中。

今までは夜間用にも眼鏡をもう一本ポケットに入れたり。ポロリしたり。

ただ、コンタクトは今までしたことがないのね。国道を走っていて塵や虫が入ると号泣するらしい。

 

 

コンタクトで自転車(ロード)乗ってる猛者はいらっしゃいませんか?

 

 

今物欲を掻き立てている一本は、

サドル。イイだけ待ったホワイトバージョン。
入荷が8月9月、10月かもとSHOPさんで聞いていたので拍子抜け。まー良しとする。
写真は2011/8/6。朝練で当別スウェーデンヒルズまで。
ぴんから兄さん、弟さん暑い中お疲れ様でした。


レールはk:ium。WING FLEXも健在。fi'zi:kの目立つロゴはちと安っぽい。

溝になってる部分以外はしっかりした厚手のパッド。
通常のアリオネよりパッドが厚いけれど、フワッフワってことはなく固め。
後ろから見た時のサイドへのカーブのシルエットは若干変わってると思います。
(自分の場合は後側に座りやすくなりました。)

その反面、VSになって『広いお尻をズラせる範囲』がちょっと狭くなったのかしら。
前側は溝のエッジでチ○コが痛うございます。

素材はマイクロテックスでサイドの銀色の部分はエナメルのようなテカテカ素材。
雑にコンビニの壁などに立てかけちゃうとすぐ傷が付きそうな感じ。


アリアンテと比べて路面のギャップの突き上げ感は強いような。
(シートポストも変えてちゃってるのでそちらの影響が大だと思う)




367548364.jpg

フィジークは3つの脊髄の硬さにタイプ分けしていて、
前屈で床に手を付けれなく床まで20cm位も届かなく身体がすんごく硬い自分としては、アリアンテ一択・・・
そんなふうに思ってた時期が俺にもありました。

■アリアンテ
ブル(脊髄が最も硬いタイプ。)
ロングライド(150km以上)

■アンタレス
カメレオン(脊髄の柔軟性が中間のタイプ。)
短距離レース・ヒルクライム

■アリオネ
スネーク(脊髄が最も柔らかいタイプ)
レース全般・ロングライド(50?150km)

とありますが、
アリアンテは2年乗りましたが100km以上乗ると結局尻は痛い。
若干内股なせいかサイドのアリアンテのロゴが剥げた。
ポジションもいろいろ探ってみたのですけどね。

7/16~/17の札幌金8倶楽部キャンプ&サイクリング(2日目)に参加すべく、
仕事終わって寝ずに日曜の休みを満喫しようという魂胆。



大きな地図で見る


自転車が前日までフレームとフォークの状態。仕事終わりに一気に組み立てます。AM00:00。
ハンドルを取り付け、シートポストとサドルも取り付け予め計っておいた高さに。
フロントのシフトワイヤーがSTIになかなか通らない。通り道を間違ってたみたい。AM1:30。
荷物は最小限に。でも輪行バッグはセット。
折角cinelliのneomorpheと Ram Biancaにしたのに。某wiggleで。
ライトやらボトルケージのリアマウントで重量級です。
そう、試運転なしのぶっつけ本番。と思いーの輪行袋。


軽くパスタとおにぎりを食べたらもう予定出発時刻は過ぎてる。AM3:30。
急いですすきのを抜けて大通り公園から北1条通りへ。いきなり脚がつる。運動不足。
トルクかけないでクルクルクルーとごまかす。


CA3H0076s.jpg


当別までは先々週のデジャヴ
そういや先週末は自転車乗れなかったからまるまる2週間ぶり。どうりで。
このへんから向かい風?。大したことない(たぶん1?2m)けどしんどい。
なんとか30km/hを下回らないように急ぐ。
「撤収に間に合わなかったら」と強迫観念が働く。

すれすれ大型トラックの助け(追い越しで一瞬煽られた後にすごい追い風来ますよね?)
に助けられてあっという間に当別のローソン。
補給もして小休憩。
このへんから風向きが真正面からの向かい風。

PAP_0106s.jpg

neomorpheはすこぶる調子良いというか形状の違い以外見つけれません。
(FSAのアルミのやーつからカーボンのやーつになったのにー)
両手で重さを比べても、わかるかなー?わかんないだろうなー?ってな感じ。
見た目(クネクネ感)よりも固かった。
慣れていない所為かSTIの位置が若干遠い。
ブラケット位置は1cm程遠くなった?肩と上ハンと下ハンのソリの造形がネ申がかってる。
もっと薄いバーテープにしたいけれどこんなもんなのかな?
ネオモルフェとFSAのステムの組み合わせはちょっと様子見。長さ(100mm)はあってるような。どうせなら。
背中を押してくれたseiさんに感謝。ウネウネ具合がウネウネBIANCHIに似合ってると思うし。
ありがとうございます。

合わせて買ったRam Biancaはリアディレイラーのシフトチェンジのカチャカチャしている感じや
路面凸凹の突き上げ感が感じやすくなった感じ。
これも見た目より硬いのかなというイメージ。
シートクランプからの突き出てる長さが想像(理想と)よりも低くてショボンな感じ。(現実)
白色も微妙に違うし。ここは黒が正解なのか。赤字のRAMがくどい。まいっか。

というか、シートが後ろ過ぎた。
チョチョイのチョイと直したいけれどラムビアンカは2本締め。
水平を出すというかサドルの角度を変える自由度は高い。
けど穴あきサドル以外はフロント側のボルトを締めるのにチッコいスパナ(6mm)が必要。薄型だと持ち運びに良いのかもね。
国道走ってるしそのうちあるであろうホムセンまで我慢我慢─。


結局次のホムセンは栗山だった
結構ガバッと前にした。1cm位。

中小屋温泉はまた今度来よう。通過。
微妙なゆる?いアップダウンで。
路肩が狭いところもありだけれど完全に大型トラックを味方につけた。


月形に入り、皆楽公園へ。デカイ。月形の大部分を占める。(嘘)
月形の中心地、ランドマークな感じでしょうか?なんせ初月形。テンション上がります。

LEGONメンバーだし。皆様には刺激を多く頂いております。
「一泊しない組」の面々にお会いできませんでしたが、次回のお楽しみということで。よろしくお願いします。
キャンプぽくて(キャンプだ)天気も良くて、雰囲気がすごく楽しかったですよ。
ベースキャンプwを設営してくれたぴんから弟さんに謝謝。


kenさんも自走で帰られるとのことで、途中20kmほど一緒に走ります。
お盆に北見(知床)に一緒に行く予定なので一緒に走る練習。とか勝手に思いながら。


ペース速エェェ。

当日はAV25km/hでお願いしますw
三笠で小休憩 11:30。
234号の分岐までご一緒させて頂きました。楽しかった。

スプロケ掃除に

| コメント(0)

スプロケ掃除。気合の入れる時にはスプロケを外してバラして一枚一枚丁寧に。
テキトーな時にはパーツクリーナーをブハーと吹いてTissueでコヨリをつくって。
軽度な汚れならTissue10枚位ですっかり綺麗になりますが、
雨の日などは泥などがグリスに混じっちゃって、ジャリジャリのドロンチョッで、
気合いを入れちゃった方が早い気がします。
(鼻セレブとかは逆に落ちにくい。)

なんかいい方法ないかなぁ。なんて思ってたんですよ。もうちょっと丈夫で、
靴紐?毛糸の紐?とか浮かんでは消え。

フィニッシュライン ギアフロス マイクロファイバーロープ

これならシュッシュシュと落ちそうですな。

<2011/03/17 追記しました>
<2011/06/07 追記しました>

タイオガ コクーン輪行袋のレビューです。

2011から新タイプにモデルチェンジということで、ボトルタイプになりました。
シルバーとブラックの2色展開。シルバーにしてみました。

DSC_0863.jpg


旧タイプは丈夫な生地と前輪だけを外すタイプが災いして、
収納時も大きく(でかいサドルバッグ程)重いものでした。
輪行時は床に置くにで重さは関係ないのですが、
自転車での移動時にはリュックに入れるなど荷物になりがちでした。
(輪行自体、年に何回もしないのでこれでも良いといえば良かった。)

「軽量」「薄い」「前輪だけはずすタイプ」
両輪をはずすタイプは煩わしい、リアディレイラーが気になる。
(使ったことがないのであくまでも駅前での妄想。んなこたないと思います。)
まさに望んでいた輪行袋でした


後輪はつけっぱなしになるので130cmチョイ(フレームによる)。
電車内では列車の最後列の後ろに立てて縛って置かせてもらうスタイルか、
デッキに置かせてもらうスタイルになると思います。

後輪の部分を巻き上げて「コロコロ」出来るのが売りでもあるんですが、
スポークに袋が擦れてシャーシャーするので10m位でやめました。
なんかコツをつかめません。

DSC_0860.jpg

ストラップは、一回り細くなって、コンパクト化に貢献してます。
このストラップは肩掛け用ですが、列車内での固定に使ったりと重宝します。
が、歩行時はペダルがゴツゴツぶつかってスネが痛めなので、
自転車自体10kgもないので、
上部のファスナーを少し開けて、トップチューブをかばんの取手のように持つのが、
階段などでの取り回しが良かったり歩きやすかったり。


それと、評判の悪かった説明書は一新。
わかりやすくなってはじめて使う方でも無問題かもねw




が、

Vittoria

| コメント(4)

いろいろな意味のスピード感がたまらない。

ブルベのライト その2

| コメント(4)

ブルベのライト その1はこちら


前照灯はFENIX L2Dと、

GENTOS SF-353X3というのにしてみた。
結局単3のが予備電池の種類を持ち歩かなくても良いということで。

・使用電池 単3×3
・点灯時間 12時間
・あかるさ 200ルーメン

となかなかなロングライド仕様(?)となってます。

とりあえず主砲はFENIX L2D(右)、副砲でSF-353X3(左)な感じで。
大きさからしてみると明らかに逆なのですが。
エネループにすると200ルーメン以下になるし、
そして12時間とか眉唾・・。

大きな違いは照射範囲が狭いので、1点だけ明るくてもあの鹿が出るような夜道では暗く感じると思うのと、円が歪。
街灯のある市街地では十分かなー?

< レビュー追記 >
照射範囲が狭いのと貧脚には重い(単3電池3本)のがネックでそれほど使っていません。
コスパを考えると良いのかもしれませんが。。


対車両の視認性アップにKNOG STROBEを。


DSC_0944.jpg
リアはANTAREXのZX1-Rにしてみた。これもANTAREX MX1に比べて左右からの視認性が向上した。
明るい前照灯を付けても横方向からは殆どわからない。

結局アルテグラ

| コメント(8)
昨シーズンはクロスバイク仕様にしたり、鹿だったりと
なんとか週末だけ時間を作って3,000km走ったBIANCHI C2C 928。

購入当初、SHIMANO 105(5600シリーズ)のグレードを買ったのだけれど、
結局アルテになりました。
そういえば1年目にホイールも変えたんだった。
(キシエリ→RACING3。振れ取りしながらもまだまだ回る頑丈ホウィール)

「安物買いのz(ry」とは言いませんが、
2シーズン105を使って3シーズン目でUltegra(6700シリーズ)。

「105の元を取った」というか、「ステップアップ」とも思ってます。

触角が嫌だった。
どうせならとついカッとなってアルテグラにしてしまった。
今は満足している。

実走もまだしてなくレビューはすでに沢山あるのでしませんが、
105からのUltegraは世代も違うのではっきりした差が貧脚素人でもよくわかりました。

こりゃ、「初乗り2011」が楽しみです。

せっかく新しく入れ替えたのでブラケットカバーも変えて2011風味にしたいですね。

<11/03/11 追記>

193800_10150118323819330_806054329_6380400_6308312_o.jpg

ワイヤー長かったので1枚目の画像と比べてスッキリと。




DSC_08162.jpg

インクジェットで作ったステッカーチューンもお忘れなく。
(LEGONシールは購入したもの) このシール、クイックアートのラミネートシール(クリア)
初めて作ったんですけど、データを用意できれば容易に作成できます。
これはクリアタイプなので透明のフィルム状のものに左右反転させたデータを印刷して、
両面テープ状のシートを貼りあわせてカットして出来上がり。

DSC_08022.jpg

プリンターで印刷するだけなので、トリコロールの白の部分などの白色は印刷できません。
シートを透明ではなく白のものでうまくやれば表現できなくもないと思います。

デザインナイフなら角丸や曲面のカットも簡単だと思います。

Android

| コメント(2)

auのAndroid2.2が出るまで待ってたのですが、
必要に迫られて2/10発売らしいIS04を予約してきました。

ローラーしながらアレで遊ぼう。

Androidを検索してると楽しいショップをご紹介。

Google Store
http://www.googlestore.com/

地域によって品揃えが違うのはご愛嬌として、
USが一番豊富なのかな?
中の人に絶対自転車乗りがいると思われるセレクション(笑)。

view_large.aspx-img=-content-images-large-10-15007.jpg
Androidジャージと、







view_large.aspx-img=-content-images-large-10-16003.jpg
Androidビブショーツや、








view_large.aspx-img=-content-images-large-10-16007.jpg
googleビブショーツや、







view_large.aspx-img=-content-images-large-10-16012.jpg
youtubeジャージなんてのもw







Googleジャージは欠品?あれば買うところだった。
他にも色々なグッズがあって見てるだけでも楽しい。
ジャージは「BIKE」などで検索すると出てきます。